今日も訪問ありがとうございます。



これは今から17年ほど前の話です。


僕の末の弟が高校を卒業して数ヶ月を経ったある日、A君と言う元クラスメイトから電話があった。

高校時代は親友だった2人だが、卒業してからは全く会っていなかったそうだ。

久しぶりという事で、数日後の会う約束をし、その日の電話は終わった…


数日後、末弟は親友のA君と会いに行った。


そして数時間後、末弟は数冊のパンフレットを持って帰って来た。


「なにそれ?」

僕は末弟に訪ねた。


「あぁ…Aからちょっとした商売を紹介されたんだ。」

「ふ〜ん…見せて。」

僕は末弟にパンフレットを見せてもらった。


あまり詳しくは憶えていないが、ま〜いわゆるマルチ商法のパンフレットのようだった。


「これ、怪しくね?」

「え…そんな事ないよ…」

「だってこれ…」

「いや、実は俺…」




image





こっこんな怪しい商売やるのか⁉︎

「来週、Aと会って、この会社の人に会う事になっているんだ。」


ヤバい…

このままじゃ、弟がマルチに手を出してしまう…



image

僕らは必死に末弟を説得した…

しかし弟は全く聞く耳を持ってくれない…

「俺は騙されていない!」

「俺の可能性に賭けたいんだ!」

「これがうまく行けば、この家だって潤うんだぞ!」


僕や下の弟は、喧嘩口調になり、母は泣いて説得する…


僕らが説得すればするほど意地になり、口調が強くなっている…


このままではマルチに手を出してしまう…

僕らはどうしたらいいか悩んだ…


家族が言っても聞かないのなら、別の人に説得してもらおうと考え、末弟の彼女に説得を頼んだのだった。


弟の彼女は、快く引き受けてくれ、末弟に電話をしたのだった。

彼女も弟を必死で説得した。

しかし弟は全く聞かない…


さすがに彼女もキレてしまい…
image

別れを口に出されてしまった!

するとその一言で弟は…






image

目が覚めたのだった…


家族の説得より、彼女の一言…


誰よりもショックを受けたのは…

「親の私なのかより、もう彼女の方が大事なのね…(>_<)」

母だった…


そして目覚めた弟は、A君とはあっさりと縁を切り、2度と会う事はなかった。


そんな弟は3年後、目覚めさせてくれた彼女と無事に結婚し、その後一男一女の子供をもうけ、幸せに暮らしているのであった…



終わり!



LINEスタンプ宣伝専用サイトはこちらの画像をクリック!


僕のLINEスタンプのお求めは、画像タグをクリックして下さい。







いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

面白かったらぜひ読者に!

おきてがみ
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村







こちらはアクセスが高かった歴代の記事です。

長女の珍回答⁈
第563話 僕が高校を辞めたわけは…
次女の緊急事態その1 それは突然起きた…
第579話 名探偵誕生!
第606話 出待ちのルンバ
第737話 37年通ったかかりつけの病院から転院
夫婦喧嘩を止めたのは…
第689話 高校の卒業式、校歌斉唱