これは僕が22歳の頃の話です。


image

正月に母方の叔父さんの家に、親戚達が集まり、新年会が行われていた。

母と僕、弟2人も参加して、大盛り上がりだった。


久しぶりに会う従兄弟達との会話も弾み、僕もかなりの量の酒を飲んでいた。

「ああ…この冷酒うまいっすね〜」

「うまいか?どんどん飲め!」

昼からの集まりも気がつけば、もう外は真っ暗…

僕も母もいい感じで出来上がっていた。



そして当時中学生だった、末の弟が…
image



そろそろ帰る…


ああ…新年会に出席していない親父の夕食の準備か…

当時親父は、タクシーの運転手をやっていて、正月にもかかわらず、仕事をしていたのだ。

節約の為に親父は、休憩時間は家に帰り、食事をしていたのだ。

弟達は先に家に帰り、親父の夕食の準備をする事になっていたのだ。


image

家の外まで弟達を見送った。

親父は頼んだぞ…

さて…


僕はもうひと飲みするか…

振り返り叔父さんの家に戻った。


中に入ると…


…あれ?


静かだ?


なんか変だな…


でもまあ、新年会の会場になっている、二階に上がれば…


階段を登り、会場である部屋を開けると…










目の前に見知らぬおじさんが⁈


image

どうやら間違えて隣の家に入ってしまったようだ!

僕は慌てて隣りの家を出て、叔父さんの家に戻った!


ああ…めっちゃドキドキしてる…

相当酔ってる…

隣の家の人が警察に通報したら、捕まってしまう?

酔ってるからまともな考えができない…


とりあえず、ここから逃げる意味も兼ねて、帰ろう!

叔父さん達と盛り上がっている母に、先に帰る事を告げ、足早に家に向かうのであった…



続く。




LINEスタンプ宣伝専用サイトはこちらの画像をクリック!


僕のLINEスタンプのお求めは、画像タグをクリックして下さい。







いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」


おきてがみ
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村