近所の犬が我が愛犬の犬小屋を占拠してした事
先週の続きです。


image

我が家の愛犬チロの犬小屋で、子犬を5匹出産した柴犬のサクラでした。

さすがにこのままにはできないので、飼い主の家に言いに行きました。



image

飼い主の娘さんが我が家に来て、軽く謝る程度で、サクラと子犬を引き取って帰りました。


次の日の学校の後、サクラの犬小屋に様子を見に行きました。

普段は全く入ることがなかった、自分の犬小屋にサクラは子犬達と共にいた。

前日の出産直後と違い、子犬達も毛がモコモコになっていて、より一層可愛くなっていた。

5匹の子犬達はサクラのおっぱいを飲んだり、チョコチョコと動き回っていた。

僕が1匹抱きかかえても、サクラは全く怒らない。

可愛いから撫でて…

また別の犬も撫でてと…

5匹をまんべんなく可愛がった。


そして次の日も学校の後にサクラの犬小屋を訪れた。


そんな感じで数日が過ぎたある日の朝…


チロの散歩の後に、サクラの犬小屋を訪れた。




すると…




image


飼い主の娘さんが何か箱を持って、僕の横を通り過ぎた。


あの箱の中は…


子犬?


そして娘さんのそばにはサクラが…


image

子犬を入れた箱を運ぶ娘さん、そして心配でついてくるサクラ…

あの箱の中の子犬…

どうするんだろう…?

誰かにあげるの?

それとも捨てる?


それともまさか…殺…


子犬の行方がとても気になっていたが、僕にはどうすることもできず、この日はこのまま帰った。



そして子犬達の姿は…


2度と見ることはなかった。



そしてサクラも子犬達を失って元気をなくしたのか、数ヶ月後に死んでしまったのだ…


我が愛犬の犬小屋を占領してまで産んだ子犬達は…

そしてサクラは…

とても悲しい最期を迎えてしまったのだった…




終わり。



とてもやりきれない後味の悪い話です。


サクラはもしかしたら、自分の犬小屋で出産したら、子犬達がどうなるのか…

わかっていたから、全く関係のないチロの犬小屋で出産したのかもしれないです…



飼い主の話ではサクラは、拾い食いをして死んでしまったと言っていました。


そもそも飼い主が普段から放し飼いしなければ、サクラも飼い主が知らない間に子犬を身ごもる事もなかったし、サクラ自身も拾い食いをして死ぬ事もなかったですから…

生き物を飼う以上、責任を持って飼って欲しいですよね。



LINEスタンプ宣伝専用サイトはこちらの画像をクリック!


僕のLINEスタンプのお求めは、画像タグをクリックして下さい。







いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」


おきてがみ
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村