長女4歳の時の入院 1
長女4歳の時の入院 2
長女4歳の時の入院 3
長女4歳の時の入院 4
長女4歳の時の入院 5
長女4歳の時の入院 6
長女4歳の時の入院 7


脱肛騒動から長女の薬が変わり、飲み始めてから半日が経った夕食時、早くも変化が現れた。

今まで病院の食事に一切手をつけなかった長女が…

「スープ飲んでみたい…」

その言葉に僕らも喜び、スプーンで一口与えた。

「…美味しい?」

「もう一口ちょうだい…」

スープも飲み、そして…

「ご飯も食べてみたい…」

お粥の方にも興味を示してくれる様になった。

今まで食べなかった病院食も半分以上食べられる様になった。

そしてトイレの回数も減り、1日でオムツも外れたのだった。

そして次の日、朝も昼もしっかり食事とれる様になり、それを聞いた主治医の先生が、再びエコーでお腹の検査をした。

「どれどれ、お腹はどうかな…」

「……おっ!」

「おおっ!」

「もうかなり腫れがひいているぞ!」

僕らもその言葉に歓喜した。

そして先生はから、待ちに待った言葉が…


image

脱肛までした子が、薬を変えてわずか2日で退院できるまで回復したのだった。

そして病室も、トイレ付きの個室から大部屋に移り、急患で診てもらってから9日間ずっと付けっぱなしだった点滴も…

image

image


やっと点滴が外れる…

ずっと痛々しかった左手も元に戻るんだ…

と、思っていたら…




image

9日間、ずっと点滴を付けっぱなしで、動かす事が出来なかった左手は、完全に硬直して全く動かなかった。

せっかく痛々しい点滴が取れたのに、硬直した手を見て、もっと痛々しく感じたのだった。

しかし硬直した左手もしばらくしたら、ゆっくりだが動かせる様になり、僕らも安心した。

あとは明日の退院を待つだけだ…

「パパは明日は会社を休んで、迎えに来るからね!」



続く。



薬を変えてから僅か2日で退院が決まるほど、劇的に回復した長女でした。

こんなに早く回復するなら、なんでもっと早く薬を変えてくれなかったのかと、思ったぐらいでしたね…

次回は、このシリーズの最終回になります。



LINEスタンプ宣伝専用サイトはこちらの画像をクリック!


僕のLINEスタンプのお求めは、画像タグをクリックして下さい。







いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」



訪問履歴はこちらにどうぞ。
おきてがみ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村