長女4歳の時の入院 1
長女4歳の時の入院 2
長女4歳の時の入院 3
長女4歳の時の入院 4
長女4歳の時の入院 5


長女のトイレの面倒を見ていた僕…


image

入院中、ほとんど何も食べていないのに出るはずもない…

しかし長女は…
image

まだ出ると言う…

しばらく様子を見ていると、妻が突然駆けつけて来て!


image

「ダメー息ませないで!」

この言葉に僕はハッとした!

妻は慌てて長女のお尻を見て…

「ああ…遅かった…息ましちゃダメなのに…」

妻は長女を抱え上げ、そのままの状態で、ベッドに横向きに寝かせた。

そして妻は長女のお尻を指差し、
「ほら…息ませたから…」
と、強い口調で言った。

僕は長女のお尻を見て、自分がとんでもない事をしてしまった事に気付いた…

長女のお尻を再び脱肛させてしまったのだ!

最初の脱肛を戻す時、長女は激痛で泣き叫び、血もかなり出たと聞いていたので、僕は顔面蒼白になった…

妻がナースコールを押し、看護師さんが来て、すぐに夜勤の先生を連れて来てくれた。

先生は長女のお尻を見て驚き…

「これを戻すのはかなり痛むな…」


「よし…」


image

「鎮静剤を使うか…」

と、点滴の管を外し、そこに鎮静剤を投与した。

すると、長女の目がトロ〜ンとして…

「あれれ…なんか変な気持ち…」

酔っ払ったような感じになった。

「おかしいな…このぐらいの子なら、すぐに眠っちゃうはずなんだけど…」

「ま、大丈夫かな…」

長女が眠らないまま、脱肛の治療を始めた。

「あれれ…何?何?」

長女は、お尻に何かされているのはわかる様だが、痛みも感覚もない様で、すぐに肛門を元に戻してもらった。

「思った以上に腸が腫れている可能性がありますね!」

「とりあえず、担当医の方に話しておきます!」

そう言って先生と看護師さんは、去っていった。



…続く。




鎮静剤のお陰で、長女は痛む事なく、脱肛を治してもらいました。

しかし自分の不注意で脱肛させてしまい、そして鎮静剤で変な状態になった長女を見て、心が張り裂けそうになっていました…



LINEスタンプ宣伝専用サイトはこちらの画像をクリック!


僕のLINEスタンプのお求めは、画像タグをクリックして下さい。







いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」



訪問履歴はこちらにどうぞ。
おきてがみ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村