約6年前の2月の日曜日、その日は天気が良く暖かい日だった。

前日の土曜日は、長女の幼稚園の発表会で、1日忙しかったせいか、家族全員疲れが残っていた。

特に次女は、指をしゃぶりながらコタツでゴロゴロしていた。

みんな疲れているみたいだし、今日はお出かけせず、みんなで家でゲームでもやろうかと言う話になった。
image

僕と長女は2人でWiiを始めた。

妻はゲームはせず、キッチンにいた。

そして次女は相変わらずコタツでゴロゴロしていた。
image


30分ぐらいゲームをやっていただろうか、妻が僕らの方に来て…

「○○(次女)ちゃん、ずいぶん静かじゃない?」

「ねえ、様子変じゃない?」
image

2人で次女の方を見ると…




そこには…









image

目を閉じ指をくわえ、ムラサキ色に変色した顔で、全く動かない次女の姿があった!

変わり果てた次女の姿に、僕は何が起きたのか理解できず、全く動けずにいた。

「ちょっとチアノーゼ起こしてるよ!」

妻は早かった。

すぐに次女を抱き抱え、
「早く救急車呼んで!」
と叫びながら、キッチンのシンクに連れて行き、緊急処置を施していた。

僕も我に返り、慌てて119番に電話した。

そして長女も大変な事態に気づき、
「○○ちゃんが死んじゃう…死んじゃう…」
と大号泣していた。

119番に電話している間に、妻の処置で次女は喉に詰まった汚物を吐き出し、息を吹き返していた。

僕は電話で状況を説明し、向こうの話を…

しかし長女の大号泣で声が聞こえない!

「○○ちゃんは大丈夫だから、静かにして!」
僕も声を荒げた。

そしてなんとか状況を説明し、救急車の到着を待つことにした。

息を吹き返した次女は、何が起きたのかわからない様な顔をしていた。


そしてしばらくして救急車が到着した…


続く。


次女が3歳の時、熱性痙攣からチアノーゼを起こし救急車騒ぎがありました。

その時の事を4コマ漫画として描いていたのですが、長女の入院シリーズの様に内容が暗いので、アップするのをずっとためらっていました。


しかし、親父の死の事なども書いているし、いいかなと思い、4コマとしてではなく、話し系記事のイラストとして、復活させました。



次女がチアノーゼで意識をなくしていた時、妻の冷静かつ的確な行動…

やはり母の愛は強いなぁ…と感じましたね。



LINEスタンプ宣伝専用サイトはこちらの画像をクリック!


僕のLINEスタンプのお求めは、画像タグをクリックして下さい。







いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スマホの人は、LINEでも更新通知を受け取る事ができますよ!

スマホ版ブログ下の「LINEで更新通知を受け取る」からどうぞ!

livedoorのアカウントを持っている方はこちらでも、購読登録できます。
Subscribe with Live Dwango Reader

訪問履歴はこちらにどうぞ。
おきてがみ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村