基礎工事も無事に終え、いよいよ建物の工事に入ることになった。

台風などの影響で、建物の着工は、1週間ほど遅れたのだが、約3日で建物の外観は、ほぼ完全した。

軽量鉄骨のプレハブ工法は、工場で予め部品を作っておくので、組み立てが早いのである。

近所の人も、
「気がついたら、家が建っていたのよ!」
と、驚くほどの早さだった。

そして内装工事に取り掛かり始めたある日、担当のUさんから、1通の手紙が届いていた。


その内容は、急に他県に転勤になり、担当が変更になるという報告と、急な転勤の為、挨拶ができない事へのお詫びの手紙だった。

僕らは驚いた!

決してできる人ではなかったが、その真面目で誠実さから、Uさんを信頼し、建て替えを決めたのに、まさか担当が変わるとは、夢にも思っていなかったのだ。


そして新たな担当は、Iさんという、Uさんと同い年の方だった。

Iさんは、Uさんがいない時などに、いつも対応してくれた方で、Uさんとは間逆で、とても仕事ができる人(Uさんに失礼ww)。

Iさんはとても仕事ができ、関東各地の売り上げの悪い住宅展示場の売り上げアップに、常に貢献している、超エリートだった。

仕事ができるタイプの人は苦手な、僕ら夫婦にとって、Iさんはちょっと苦手な営業だった。


そして、家の完成まであと少しというところで、また元担当営業のUさんから手紙が届いた。

その内容は…


サンヨーホームズを退職したとの事だった…

もともと激務の営業の仕事に、急な他県への転勤で、引越しも間に合わず、こちらの市から毎日2〜3時間かけて通勤していたそうで、かなり辛い状態になり、仕方なく退職したとの事だった。

Uさんの急な退職にさらに驚いた僕ら、そしてこの手紙の到着に合わせた様に、Uさんが挨拶に訪れた。

急な営業変更に加え、自身の退職の事、家の引き渡しに立ち会えない事を詫びていた。


そんな土壇場で営業担当の交代劇があったが、仮住まいへ引き渡しして2ヶ月ちょっとで、家は完成したのだった。



続く。





まさか建て替え途中で、営業担当が変わるとは思っていなかったので、かなり驚きました。

新担当のIさんは、あちこち転勤を繰り返しながらも、ずっと担当を続けてくれています。

Iさんは、今でもたまに訪問したり、連絡をくれたり
と、常にお客の事を気にかけてくれる、真面目な人です。

以前、売り上げが最悪で閉鎖寸前の展示場の巻き返しの為、店長として転勤した時は、そのストレスから顔面麻痺になってしまい、その痛々しい姿を見た時は、この人もこうやって神経使いながら、頑張って来たんだな…と思い、Iさんへの苦手意識がなくなりました。


Uさんとは、今でも年賀状程度ですが、お互いの近況報告をしている間柄になっています。



LINEスタンプ宣伝専用サイトはこちらの画像をクリック!


僕のLINEスタンプのお求めは下の画像をクリック!



只今、相互RSS募集中!

詳しくは、スマホ版メッセージの下、又はPC版のサイドバー、又はこちらの記事をご覧下さい。


いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

livedoorのアカウントを持っている方はこちらでも、購読登録できます。
Subscribe with Live Dwango Reader

訪問履歴はこちらにどうぞ。
おきてがみ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村