↑ストアへ


僕の初LINEスタンプ、「格闘ファブター」が発売されたのを記念して、iPhone・スマホのみのユーザーでも、LINEスタンプの制作、そして販売する方法を書こうと思います。

スマホユーザーの方、永久保存版です!



まず、LINEスタンプには、メイン40個とタイトル・タグ用に各1個の42個のイラストが必要となります。(タイトル・タグ用は、メインの中から併用してもOK)

このイラストは、アナログ(紙とペン)で描いて下さい。


そしてこの描いたイラストを…


image

CamScannerなどのスキャナーアプリでスキャンし…

image

カメラロールに保存します。


そしてこのイラストを…


image

Artstudioなどのお絵描きアプリで色を塗ります。

色の塗り方はこちらの記事を参考にして下さい。


image

色を塗ったイラストに、必要ならば文字を入れます。

文字入れには…


image

phontoなどの文字入れアプリを使います。

文字の入れ方はこちらの記事を参考にして下さい。


image

そしてこのイラストの背景を切り取ります。

image

合成スタジオなどの画像切り取りアプリを使います。

image

アプリを起動し、レイヤーを押し、ライブラリから、必要な画像を選びます。

image

切り取りを押して…

image

自動削除を押して、白い部分をカットします。

image

文字の細かい部分もしっかりと削除して下さい。

カメラロールに保存した時、背景が真っ黒になっていれば、OKです。

こうしてできたものを…


image

バッチリサイズなどのサイズ調整アプリでLINEスタンプ用のサイズに直します。

LINEスタンプ用サイズは、

タイトルW:240×H:240

タグW:96×H:74

メインW:320×H:370

なので、このサイズに調整して下さい。


こうしてできた42個のイラストを、LINEのクリエーターズマーケットに登録・申請します。


ここで注意!

iPhoneのSafariから申請すると、作ったLINEスタンプがカメラロールからアップロードできないので、別のブラウザアプリから、登録して下さい。

使うブラウザアプリは…


image

Puffinという神アプリ!

このアプリだと、iPhone上でパソコンに近い操作をする事ができます。

このアプリから、LINEスタンプを登録・申請して下さい。

世界で販売するので、日本語とは別に、英語のタイトルとスタンプの説明が必要となります。

Google翻訳などを活用して下さい。

そしてイラストのアップロードも、このアプリからなら、ちゃんとできます。


こうして申請して、無事に審査が通れば、LINEスタンプが販売できます。



↑iPhoneアプリを駆使したスタンプはこちらから!




この様にアプリを多用すれば、iPhone・スマホユーザーでも、LINEスタンプを制作・販売できるので、興味のある方は、挑戦してみて下さい。



いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

livedoorのアカウントを持っている方はこちらでも、購読登録できます。
Subscribe with Live Dwango Reader

訪問履歴はこちらにどうぞ。
おきてがみ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村