無事に仮契約を済ませた僕ら夫婦。

今度は間取りの正式決定や、装備品を見直し、建築費の削減、最終的な本契約へと話し合いを進めるのだった。


そしてここからは、建築士の人も一緒になって、話し合う事となった。

担当建築士のTさんは、大卒2年目の若い男性。

同じ20代の妻と話が弾み、当時話題になっていた、ビリー・ザ・ブートキャンプのDVDを貸してくれたりしていた。



ここで間取りの正式な決定の前にちょっと豆知識。


ハウスメーカーの方に聞いた話だが、建坪30坪の家を平屋で建てるのと、2階建で建てるのではどちらが建築費が高いか?



2階建の方が高いイメージだけど、実は平屋の方が建築費が高くなる。

平屋の方が建物の基礎の部分が広くなる為、そこにかかる、地盤補強やら基礎代やらが2階建より高くなるそうだ。




そして我が家の間取りだが、基本的な間取りは、妻があれこれイメージし、方眼紙に描いた間取りをほとんど再現してくれていた。

僕の土地は旗型(細長いカースペース部の奥に建物を建てられる形)なので、近所の家に囲まれて、日当たりがイマイチ。

その為、妻の描いた間取りは、家族の集まるリビングは明るくしたいという事で、2階はLDKと水回りのみ、そして1階は主寝室と子供部屋。

そして対面キッチンに奥には食品庫。


しかし、リビングの横幅の関係で、対面キッチンは無理とわかり、普通のキッチンに。

その代わり、キッチンの横に高さ1メートルほどの壁を付けて、カウンター風にした。

食品庫も倉庫として扉をつけると、キッチンが狭く感じるので、扉なしのフリースペースにした。

そして棚の位置や窓の大きさなども、PCの間取り3Dソフトでイメージしながら決めていった。

窓の大きさなども値段に左右されるので、色々調整しながら、何日もかけて、間取りは決定した。


続く!



次回は、間取り決定後の、家の装備について書きます。




ただいま主要キャラ人気投票開催中です。
詳しくはこちらの記事で。

いつも読者登録、訪問、応援、そしてコメントありがとうございます(^-^)/

いつも大変感謝しています。

こちらで読者登録すると更新通知が届きます。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

livedoorのアカウントを持っている方はこちらでも、購読登録できます。
Subscribe with Live Dwango Reader

訪問履歴はこちらにどうぞ。
おきてがみ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村