今日は昨日の続きじゃないです…。


これは弟(三男)が、
photo:01

小学生の時の話です。

夏休みのある日、弟が遊びからホクホク顔で帰って来ました!

弟「学校で遊んでいたら、いいもん見つけちゃった!」
そう言って僕に、ファミコンのカセット3本を見せてくれました。

photo:02

熱血高校ドッチボール部と、他2本…。(ちょっと忘れました)

誰かが忘れてきたものを持って帰ったようです!

僕「えぇ?いいのか、持ってきちゃって!」
弟「いいよ!どーせ誰かが捨てたんだよ!」

カセットには、"もとかね"と名字らしき文字が書いてありました。

僕「これ、名前じゃね?」
弟「知らない、知らない!」

そう言ってファミコンで遊び始めました!

僕もいいのかなー?と、思いながらも一緒に遊んでしまいました。

ゲームは結構楽しく、弟はかなりハマっていました。

そして数ヶ月が経ち…。


弟が友達の家からかなりショボくれて帰って来ました…。

僕「どうしたん?」
弟「熱血ドッチボール…取られちゃった…。」
僕「なんで⁈」
弟「今日友達の家に、拾ったカセット持って行って遊んでいたら、もう1人の友達が、急に"あれ?このカセット、俺のじゃん‼"って、言い出して!」
僕「友達って、名前は?」
弟「モトカネ…。」

拾ったカセットの持ち主は、弟の友達だったのです!

僕「なんか言われただろ!」
弟「ヤバイと思ってとっさに、"前に拾ってて、モトカネのだと思ったから、今日持ってきたんだ!"って言って誤魔化した!」

僕「それで誤魔化せたの?」
弟「うん!"このゲーム超好きだったんだー!ありがとう‼めちゃくちゃありがとう‼"って、凄い感謝された!」

弟「あーあ…好きなゲームだったのに、持って行かなきゃ良かった!」

弟「また、誰か忘れないかなー!」



…懲りない弟でした!



拾って持って帰るのは、いけない事ですが、何気に熱血ドッチボール…好きでした!


よかったら押して下さい!

人気ブログランキングへ



iPhoneからの投稿