今日は久々に文字だけ更新ですニコニコ


昔の話なんですが、僕の家族(両親)は僕ら子どもの事をあだ名で呼んでいました。

三男は、ふてくされると口を尖らせるので親父によく、
「タコぐちするな!」
と怒られていました。

そこからついたあだ名が、"タコちゃん"でした。

次男は、顔がちょっと猿に似ている事から、"サルオ"と呼ばれていました。

そして僕は、お兄ちゃんから、"オニちゃん"となり、そのうち"オニ"とか呼ばれていました…汗

しかし、タコとかサルとかオニとか、外で言われたら恥ずかしいので、絶対家の中だけにしてくれと言ってました。



そんなある日、僕と母親が近所に住んでいた祖母の家に行きました。

その日は母親の姉一家も来ていて、いろいろ話が盛り上がっていました。

その時に、どんな物だったか記憶がないのですが、祖母の家には無く、僕の家にはある物でした。

そして、それがどうしても必要だという事で母親が、
「そうだ!(留守番中の)サルオに持って来てもらおう‼
と大声で言ってしまいました!

僕は、むかっ言っちゃったよこの人!と思い、母親をにらみつけました。

しかし、母親は気づかずに、
「ほら、サルオなら家にいるでしょ!サルオなら!
更に連呼しました。

僕が更ににらみを利かすと…叫びという様な顔をして、そして大笑いし出しました!

そして弟に電話して、必要だった物を持って来てもらいました。

祖母の家に入った弟は、いきやりみんなに、
「サルオちゃーんいらっしやーい!」
と迎えられ驚きの表情!

結局、僕ら三人のあだ名をバラされてしまいました…汗


その後、親父が母親の事を、
「おっかぁ!」
と言ったのを聞き、みんなで敵討ちと言わんばかりに、
「おっかさん!」
「おっかぁ!」
「かかぁ!」
と言っていたら、
「私は都会育ちなのよむかっ‼」
と怒りだし、次第にあだ名は言わなくなりましたにひひ


しかし、今まで色んなエピソードを書いてきましたが、僕の家庭環境はロクな物じゃないですね…汗



ちなみに今日6/19は、そのサルオ君の35回目の誕生日です!

せっかくこのネタを書いたので、会社で彼の耳元で、
「サルオ君、お誕生日おめでとう!」
と、囁いてあげますにひひ





よかったら押して下さい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村




iPhoneからの投稿