クリスマスの日の昼、5年近く前に退職したK君が、会社に顔を出しました。

photo:01


K君の説明はこちら


退職してから、なんの音沙汰もなかったK君、近状が聞きたくて、久しぶりに話をしました。


約5年ぶりに会ったK君は、肌ツヤも悪く、虫歯のせいか、ほとんど歯がない状態…。

髪の毛も更に薄くなり、とても41歳には見えませんでした…。

今は何をしているのか聞いてみると、足の神経が悪く(本人談)なって、杖をつかないと歩けなくなり、働けなくなっているとの事でした…。


幼少の頃、父親の虐待からのストレスで、ジュースや甘い物を食べまくり、小学生で糖尿病になってしまったK君…。

その病の影響が足に来てしまいました。

今はお母さんと2人で暮らしているそうです。

詳しくは聞きませんでしたが、生活保護的なもので、生活している様です…。


久しぶりに彼と話をして、杖をつきながら帰るK君の後ろ姿を見て思いました…。


1歳の時にポットの熱湯を被り、大やけどおい、父親の虐待を受け糖尿病になり、更に小・中・高といじめに合い、就職しても孤立していたK君…。

僕が中途で入社し、いろいろと話しかけ、10年以上経ちやっとみんなと打ち解けた矢先に、会社をリストラされ、歩行困難になり、働けなくなったK君…。


彼の後ろ姿をみて、幸せってなんだろう…

これが彼との最後の会話にならなければいいな…



いろいろと考えてしまったクリスマスの昼でした…しょぼん




良かったら押して下さいね^ ^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村





ペタしてね読者登録してね





iPhoneからの投稿