{DC03F8E7-5CCF-435B-83BD-4F12E5048939:01}

{50C9C080-F628-469A-B96B-78577D26DBB7:01}

{515445C5-D9D9-44AD-8B3D-C663A0F9F3EC:01}

{A2593C16-EDC0-4CED-A88D-AE12F357233F:01}
解説
弟達が小さい頃、一緒にプロレスごっこをして遊んでいました。

僕が長州力ばりのストンピング(のマネ)をやっていると、母もノリノリで走って来ました。
「あたしも仲間に入れて~アップ

狭い6畳の部屋を勢いよく走って来て、タンスに肩をぶつけ、半回転してそのまま倒れ、コタツ角に腰をぶつけて倒れましたビックリマーク

僕ら三人は、
「ええ~っ!?
と、ガビ~ン状態!

ぶつけた痛みと恥ずかしさで暫く動けない母…

その姿に介抱するよりも、笑をこらえるのに必死…いや、大笑いしてしまった僕らでした…あせる

暫くして母は立ち上がり、
「後で憶えてらっしゃい…むかっ
とマジギレして去って行きました…

……自分でコケたのに憶えてらっしゃいって…汗



応援ありがとうございます^ ^
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

ペタしてね読者登録してね


iPhoneからの投稿