{6B23DF21-7EA3-4256-9E21-EBB2A3219432:01}

{33BD2175-8ABC-4B9F-801C-C8C90EDBF828:01}

{E7AE7208-5B85-437D-BD3E-C95BC1979435:01}

{55838C16-13C8-4317-908D-0DD0A4D2D398:01}
解説
そう…あの日あの時…

2011年3月11日の仕事中、僕の地元の方にも緊急地震速報が市の防災無線から流れました。

僕はこの音を知っていたので、大地震が来ると思い、みんなに大声で知らせました。

しかし会社の仲間達は、緊急地震速報の音を知らなくて、
「何の音?」
って感じでした。

大声でみんなに知らせまわった数秒後、揺れ始めました。

そこでみんなは慌てて、外に避難しました。

僕の会社には高い位置にも金型などがあり、避難しないととても危険!

会社の周辺は震度5強の揺れを観測し、工場内のガラスは割れ、金型も大量に落下していました。

もしあの時、誰も地震速報に気がつかなかったら…と思うと、ゾッとしました。


あの日以来、仕事中はラジオすら流さなかった職場に、ラジオを流し、携帯電話の所持も禁止でしたが、地震速報が鳴るものなら所持もOKになりました。




いつも応援感謝しております^ ^
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

ペタしてね読者登録してね


iPhoneからの投稿