前回の話の続きです。


午前中の仕事を終え、早くもグッタリ気味の僕。

立ち仕事などしなかった足はすでに棒の様…

手は何百もの製品をニッパーで切り分けた為、豆だらけになっていた。

手を洗い休憩所へ行き、仕出し弁当を手に取り、やっと座れほっと一息…

昼食を食べ、昼休みはグッタリしてよう…と思ったその時、僕の上司のSさんがやって来た。

「中庭で卓球やっているから、ちょっと来て!」

あせる

正直、卓球は得意でもないし、昼休みをゆっくり休みたいと思っていたのだが、出勤初日で、付き合いの悪い奴と思われても困るので…

「あ…はい、今行きます。」

中庭に行くと…

{40B46A26-443B-44A4-A48B-BBCD3991476B:01}

{1FB94955-C5D7-46A8-A4E1-D6D7F537FE95:01}

ちょっとひ弱そうな男性とメガネをかけた男性、そしてガッチリとした、この中では1番普通の男性の3人が僕を待っていた。


「せっかくだから、卓球でも一緒にやろうかと思って…」

ガッチリとした男性が僕にラケットを渡してくれた。

左手でラケットを握ると…

「お~やべーサウスポー!」

メガネの男性が言った。


この辺は長くなるので省略するが、4人の実力は同じぐらいで、そこそこの好勝負になっていた。

そしてロクに休むこともできず、昼休みは終わった…



そして午前中作業した成形機に行くと、社長が待っていて…

「よし、午後は完全に1人でやってみよう!」

!!

という事で、午後の作業は1人で行う事となった…

製品が成形される間に、冷えた製品を切り分けて…

あせる

おわっ次の製品が出来てる!

早く水の中に入れて…

冷えたのを切り分けて…


とにかく必死で作業をし、そして作業終了になり、社長が機械を止めてくれた。

社長は僕の生産数を見て、
「…うん、初めての作業で、ここまで出来れば優秀な方だね!」
と褒めてくれた。


こうして初出勤の仕事は終わり、クタクタになりながら家路に着いた…


家に帰ると母が、
「お疲れさん!ビールでも飲む?」
と、アサヒ~スゥパァドラ~イの500ml缶を出してくれた。

僕は一気にゴクゴクと…




うま~いアップ


こんなにビールが上手いと感じたのは数年ぶりだった!



まあ…今日1日大変だったけど、なんか充実していたかな~

漫画家続けるか迷っていた頃より気分が晴れ晴れしている…


ちょっと変わった会社っぽいけど、いい人が多そうだし、とりあえず最低1ヶ月は、あの会社で働いてみよう!


そう思い、さらに追加でもう1缶、ビールを飲んだのだった…



…続く




当時は毎日お酒を飲んでいましたが、一仕事した後の酒は、いつも飲んでいた酒よりも数倍も美味しかったですね~


本文中でふれていた卓球の件、後でわかった事ですがメガネの彼、実は元卓球部の副部長だったそうです。

しかし、この時の彼の実力は正直、う~ん…でした。

それもそのはず、元卓球部副会長といっても、こんな感じでした。

次回は僕の上司だった、Sさんの事を書いていきます。



いつも応援ありがとうございます^ ^

今日もよろしくお願いします!


ペタしてね読者登録してね


iPhoneからの投稿