ちょっとふざけたタイトルですが、僕の再就職の話シリーズです。




社長との食事会から1ヶ月程経ったある日、上司のSさんが有給を取って、3泊4日の沖縄旅行に行く事になった。

そして、Sさんが旅行中の管理者代理を僕は指名され、Sさんが休む直前に、いろいろと引き継ぎをした。

そして帰り際にSさんが、
「君だけ、みんなとは別に特別なお土産買って来てあげるからね~ラブラブ
その言葉にちょっと引きつつ、Sさんは笑顔で沖縄旅行に行った。

Sさんが旅行中、とにかく必死で頑張り、前回同様、見事に代役をこなした。

そして、Sさんが戻って来た朝、僕は今までの仕事に戻ろうとすると、社長がやって来て…
「赤男君は、管理の仕事をやって!Sは、今まで赤男君がやっていた仕事をやるのように!」
と驚きの事を言った。

とりあえず、管理の仕事に戻る僕…

Sさんは…
「なっなんでこうなったの?何か聞いてる?」
「いっいえ…」
僕もSさんもちょっと混乱しながら仕事を始めた。

それを見た周りの同僚や先輩達も、はてなマークはてなマークはてなマーク状態だった。

そしてはてなマークはてなマークはてなマーク状態で迎えた昼休み…

「はいこれ…」

Sさんは、こっそりと僕に、沖縄土産の豚の角煮のレトルトパックを渡してくれた。

「あっありがとうございます…」

なんだか微妙に気まずい受け渡しになった…


この勤務体制で2日程経った昼休み直前…

社長が僕とSさんを呼び、1台の成形機を指差して…
「S君、この機械で作れる(対応の金型)製品は何だかわかるか?」
とSさんに聞いてきた。

しかしSさんは答えられず、もじもじしていた。

「赤男君はわかるか?」

僕はその機械を担当した事は、1度しかなかったので、やはり答えられなかった。

社長は紙とペン出し、
「いいか!この機械で作れる製品は、これと…」
と製品番号を書き出した。

そして声をやや荒げて、
「いいか!管理者とは、どの機械でどの製品か作れるのか、わからなければいけないんだ!」
「製品を覚えられないような奴に、ここは任せられない!」
「製品を覚えられる奴に仕事を任せる!」
そして社長は、僕の肩をポンと叩き…
「赤男君!君なら覚えられると信じている!」
と言って、そのままその場を離れて行った…


時が止まったかのように固まる僕とSさん…

しばらくしてSさんが…
「中間管理職って本当、大変だからね!俺の友達もそうだけど、本当に辛いって言っていたからね!」
「相当な覚悟でやらないと、できないからね!」

と言って、そのままその場を去って行った…


その時のSさんの顔…



目いっぱいに溜めた涙…




今も忘れられない…



{5F4EB7F0-45AD-46B7-AB6C-AB22FB326C27:01}





続く…





Sさんとの立場が逆転した1番の原因は、Sさんのいじめが酷かった事でした。

気の弱い人達は軒並みいじめ…と言うより、子供の意地悪のような事をされていました。

自分で書くのもなんですが、誰にでも気さくに話し、仕事にも真面目に打ち込む僕に、社長は賭けてみようと思ったそうです。

僕もその期待に応えようと、毎日必死に頑張っていました。

次回は、現場の責任者となった僕の、苦悩というか、苦労した話を書きます。



ちなみに、Sさんが沖縄旅行のお土産としてくれた、豚の角煮は、もらってすぐには食べず、このSさんが涙目になった日の夜に食べました…




自身の投稿サイト「僕らの漫画倶楽部」がリニューアルしました。





いつも応援ありがとうございます^ ^


ペタしてね読者登録してね


iPhoneからの投稿